ミニベロの魅力と選び方


ミニベロの魅力と選び方

漕ぎ出しが軽く、街乗りがたのしくなる小径バイク。
デザイン重視か走り重視か、ミニベロは選ぶのもおもしろい!



一般的にホイールサイズが24インチ以下の自転車の事をミニベロと言います。
漕ぎ出しが軽く、ストップ&ゴーの多い街乗りでも警戒な走りができるのが特徴。
その小径のスタイリッシュなフォルムを活かして、デザイン性に優れたオシャレなモデルが多いこともミニベロの大きな魅力です。


性能面では小径だからスピードが出ないと思われがちですが、スピードや走行性を重視したモデルもあります。
このタイプは、上級グレードのコンポーネントにドロップハンドルを装備。
なかには、カーボンフレームを採用した高級モデルなどもあり、小径ながらクロスバイク並みの走行性を発揮します。

一方コンパクトに収納できる折りたたみ可能な自転車(フォールディングバイク)もあります。 楽に持ち運べるので、車に収納したり屋内に保管することができるなど、ライフスタイルに合わせて活躍する利便性は、ほかにはないミニベロならではの魅力と言えるでしょう。



魅力ポイント

ポイント1.ハンドルの形状もバリエーションがある
一般的にはクロスバイクのようなフラットバーハンドルが主流ですが、機能性を追求したロードタイプのミニベロはドロップハンドルを採用し、乗車姿勢も前景になるタイプもあります。


ポイント2.タイヤのサイズは20インチが主流
24インチや20インチ未満のミニベロもあるが、販売されているのは20インチモデルがほとんど。
パーツの交換や修理時のことを考えても、ビギナーには20インチモデルがオススメです。


ポイント3.ミニベロ=折りたたみ式ではない
ロードバイクのようなダイヤモンドフレームを持つミニベロもあるなど、デザインのバリエーションは豊富。
それだけ選ぶ楽しみが多いのもミニベロのおもしろさのひとつと言えるでしょう。


ポイント4.キャラクターによって変速機の種類は異なる
変速機はシングルから前2段×後10段程度まで、ミニベロのタイプによって異なります。
ペダル1回転で進む距離を稼ぐために、フロントのチェーンリングが大きいのもミニベロの特徴です。



他に気になる点、ご質問ございましたらコメントまでお願いします。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100034359&eid=17